結婚生活は普段の日常会話をするだけでもスムーズに行くんです。

結婚15年の主婦です。
遠い昔に感じますが、新婚の頃を思い出しながら書かせていただきます。

15年の間、色々有りましたが、現在は仲良く暮らしていると思います。途中、夫婦間で冷戦状態の頃もありました。
15年を考えて、上手くいっている時期と冷戦状態の時の違いを考えてみると、夫婦間の会話だと思います。

新婚当初は、勿論全てがバラ色なので何でも話して過ごしていました。
それが、子供が1人、2人。。。と増える間に子供の事に必死になり、次第に会話も減ってしまった気がします。
そうすると、お互い意志の疎通が少しずつうまくできなくなり、相手に対する不満も募りました。

恐らくお互い、これではだめだと感じていました。
子供達も末っ子がも小学生になったので時間も作れるようになり、テレビの話題、子供達の話題、その日の出来事など、
また少しずつ話すようにしたら、不思議とまた関係がよくなったように感じます。

日本では、口に出さなく手もお互いの意思が判る”ツーカーの仲”とか”50年連れ添った夫婦”といった表現が素敵なものとして扱われていますが、
実際はそううまくはいかないものだと思います。

15年を振り返り、日常の会話が何よりも大切だと思っています。
これからも私達も会話を大切に暮らしていきたいです。