感謝の気持ちと思いやり、これが結婚生活には必須。

結婚して20年以上経ちますが、私達夫婦はほとんど喧嘩をしたことがなく、自他ともに認める仲の良い夫婦だと思っています。

もちろん相手のイヤな部分や直してほしいという部分もたくさんあります。
でも他人同士が1つ屋根の家に住んで家族というものを作り上げていくのですから、結婚して一緒に住み始めると、それまでの環境や生活習慣の違いから出てくる多少の我慢や譲らなくてはならない部分があるのは当然のこと。

私が自分の経験から考える順風満帆な結婚生活のポイントは、2つあります。

まず1つ目は「ありがとう」という感謝の気持ち。
よく言われることですが、やってもらって当たり前なのではなく、何かをしてもらったり嬉しいことがあったら、小さなことでも声に出して「ありがとう」と伝えることは大切だと思います。
私達夫婦はお互いに日常的に意識しなくても、感謝の気持ちを伝えることができています。

2つ目は「思いやり」。
これも当たり前のことですが、いつでも相手の対場に立って物事を考えたり気持ちを考えてみること。
そうすれば見返りを期待せず相手のために何かをしてあげたいと思いますし、腹が立つことも相手の気持ちになって考えると納得できることもあります。