忙しくてもその日あったことを話す!これがスキンシップ。

私はもうすぐ結婚二年目で二児の母をしています。
新婚さんといったら、結婚したてで毎日が幸せでとても楽しい時期だと思います。
ですが、いつまでもその状態が続くとは限りません。

いつまでも仲良く楽しく夫婦生活を送るため私がしていることをご紹介いたしますので、
今後の参考にしていただけましたら幸いです。

実際、私達の夫婦生活は、子どもが二人いるため毎日大変ですが必ず一日あったことを話すようにしています。
子どもたちが起きているうちは、子供中心の話をしていますが、
子どもたちが寝たあとは、旦那のマッサージをしながら仕事であったこと、今どんなことに興味があるか等旦那の話を聞き役として聞いています。

旦那は、朝から晩まで仕事をし、ストレスも疲れも溜まっていますので、妻として、旦那の思っていることに共感し理解するようにしています。

ある日、旦那から「いつも話を聞いてくれてありがとう。毎日話してて楽しいよ。」と言われたことがあります。

結婚生活が長く続くと、今までの恋人感覚のようなドキドキ感が薄れていき、
家族として当たり前の生活になっていくことになるかもしれません。
ですが私は、今でも旦那の事をパパというより、一人の愛する男として見ています。

順風満帆な生活が送れるよう旦那を理解し、スキンシップをし続けることが大事だと思いますので、
皆さんも素敵な結婚生活を送れるよう応援しています。

夫婦と言えど所詮は他人。干渉しすぎないことがコツ。

我が家は結婚して6年ですが、大きな喧嘩をしたことがありません。

夫婦といえど、元は他人は他人です。
この考えがまず一番にあります。
我が家は決して裕福ではありませんが、おこづかいを決めたりしません。
趣味に使うお金は生活費をちゃんと払えるならとくにお互い干渉しません。
趣味のお金や、自由が利かないと結婚生活に不満を感じてしまうと思うのです。貯金もそれぞれでしています。

また、家事の分担も適当です。
完全に分けてしまうと、相手がしていないときにイライラしますし、自分が今日はこの家事ができないというときに手伝ってもらえないと腹が立ってしまいます。
なので、家事の分担は基本は家にいる時間が長い方がして、きっちりわけずぎない事がうまくいく秘訣だと思っています。

もちろん、人それぞれライフスタイルが違うので、きっちりわけたほうがいい方もいると思いますが、最初にしっかり話し合って、お互いが納得がいく結婚生活を送れるようにしておくことがとても大事だと思います。