お互いのルールを理解し、折衷案を作ろう!これで夫婦生活は確約!?

結婚生活10周年目ですが、新婚生活を振り返ってアドバイスを。

まず、結婚前に同棲などをしてなかった場合、やはり生活のリズムといいますか、ルールの違いがいろいろ出てきます。
ラブラブな最初のころは「まぁ、こういう一面もあるか、こういう考え方もあるか」と余裕なのですが、仕事やプライベートで余裕がなくなってくると「なんでオレがいままでやってきたことを否定するんだ!」と、急に理不尽と分かりながらも腹が立つことがあります。

でもそれは相手もいっしょです。
どこかで折衷案を作らないといけません。
それはなるべく早めに話し合って決めた方が吉です。

洗濯のたたみ方、掃除の仕方、ゴハンを食べる時間、ものの置く場所について・・・などなど、ほんとに細かいことが気になってしまうんです(「相棒」の右京さんじゃありませんが)。
逆に言えば、そこさえお互い理解し合って乗り越えれれば(1~3年ぐらいでしょうか)、生涯にわたって添い遂げることは約束されたようなものです。
とにかく、相手の立場に立って物事を考え、決定していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です