理想を捨て、取りあえず話し合うのが夫婦円満のコツ!

今の主人と18年付き合った末に結婚しました。
結婚まで何度もケンカしながらお互いへの理解を深めました。
一緒に住んだことはなく、結婚して一緒に住むようになって、いまだに主人に対する新しい発見や、意見の食い違いなどがでてきます。
主人のお弁当を毎日作るのですが、梅干しに対する頑固なこだわりがある、という小さなことから寝るタイミング、ご飯の食べ方(実家での食事習慣的な)
タオルを変えたいタイミングなど、しょうもない事でしょうが、そんな小さな事でのお互い理解とガマンの繰り返しで自分たちの生活を築き上げているのだと思います。

友人同士でも、ささいなことからその人への見方が変わり、付き合いたくなくなる といったように、男女ならなおさらそれをのりこえなければいけないと思います。
自分の家なのだから と思うでしょうが、相手にとっても自分の家なのです。
なんでも話し合える、一番身近な他人と生活を共にするのですから、なんでもいいあえる関係になれるのが一番だと思います。
または気になることがあれば、自分が逆にそうされたときにどう思うか 一度考えてみてもいいと思います。

「そういうクセがあるんだね。私も知らずのウチに変なクセでてないかな?w」
「私こんなこと普段してるんだけど、気になる?」
「調味料なにがいい?」←わが家ではこれが衝撃で私が醤油などをかけたいものでも、主人はなんでもめんつゆをかけたい人でした。
自分だけの理想を持ち込むのではなく、結論は普通ながらも、なんでも話し合うことと譲り合いとガマンしているのは自分だけだと思わないことが家庭円満の秘訣だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です